30代から始めるAGA対策は体験口コミを集めた口コミサイトです

30代の薄毛お悩みQ&A

薄毛・AGAの治療はいつから始めればいいのですか?

AGA治療は早めに始めるに越したことはありません。それは、髪の成長サイクルについて知ればおのずと明らかです。

髪の毛は、一定の期間で成長→退行→休止を繰り返します。
この流れを毛周期(ヘアサイクル)と呼びますが、この毛周期には期限があります。
人間の細胞は、通常約40~50回ほど細胞分裂すると役目を終えるので、髪の毛を作る毛母細胞にも寿命があります。

毛周期が1周するのにかかる期間が約2~6年と言われているので、例えば1周40回の細胞分裂が2年で行われている場合、細胞分裂の寿命は80年という計算になります。

AGAの場合はこの毛周期が正常に保てなくなり、その期間が短くなります。
したがって、AGAの治療というのは、毛母細胞の細胞分裂が可能なうちに治療を行うことで毛周期の期間を延ばしてあげることにほかならないのです。

でも、毛母細胞の細胞分裂の回数には限界があるため、可能な限り若いうちにAGA対策を行って毛周期の期間を正常化させ、毛母細胞の働きを継続させることが重要です。

「抜け毛の量が多い」「髪の伸びが遅い」など、何か少しでも気になったら、専門クリニックで相談してみましょう。
早期発見・早期治療がAGA改善のカギです。

 

AGAの治療費用はだいたいどの位かかりますか?

AGA治療の主な治療方法には、

  • AGA治療専門病院で治療する
  • 一般病院でAGA治療薬を処方してもらい服用する
  • AGA治療薬を個人輸入して服用する

という3通りがあります。

それぞれ一長一短はありますが、費用面は治療を受ける側としては最も気になるところですね。
ここでは、あくまで目安としてですが、それぞれの治療方法別に費用を紹介します。

<AGA治療専門クリニックで治療>
初期費用:20,000~40,000円
月々の費用:10,000~30,000円

<一般病院での治療>
初期費用:9,000~15,000円
月々の費用:7,000~10,000円

<治療薬を個人輸入して服用>
初期費用:1,000~10,000円
月々の費用:1,000~10,000円

費用だけを見た場合、治療薬を個人輸入して服用するのが一番安いことがわかります。

しかし個人輸入の場合、海外の治療薬は未承認医薬品となるので国内の医薬品等とは違い保証などがなく、また一度に輸入できる数量には制限があります。

さらに、1万円を超える場合は関税がかかるなどの様々なデメリットがあるので注意が必要です。
診察代や検査費用を省けるのでその分の費用は安く済みますが、完全に自己責任になり、治療効果を客観的に判断することもできないため、治療を途中で諦めてしまう可能性もあります。

その一方、一般の医療機関で処方される治療薬は国内で承認されており、正規のルートで入手されているため安心して服用できます。

AGA治療専門クリニックでの治療は高額になりがちですが、AGAを確実に治療するという点では最も期待できる方法です。

AGA治療はどの方法でも効果が出るまでには時間がかかります。
安価に入手した治療薬を服用して何年かかっても効果が出ないよりは、確実に効果がある方が結果的には安くなるということも多々あります。
長い目で考えると、やはりAGA治療専門の病院を選択するのがよいでしょう。

 

通院の頻度はどの位ですか?

内服薬や外用薬による治療の場合、通常は1ヶ月分の薬が処方されます。
よって、1か月に一度の通院が基本となります。その他の治療法の場合は、2週間に1度程度の通院が必要な場合もあります。

 

AGA治療に健康保険は適用されますか?

AGA治療は保険が適用されない自由診療であり、全額自己負担で治療しなければなりません。

自由診療の場合、薬の価格を各クリニックが自由に決められるので、AGA治療にかかる費用は実際に通院するクリニックによって大きく変わってきます。
それだけに、AGA治療は優良で料金も手ごろなクリニックを見つけることが重要です。

みんなで選ぶ クリニック口コミランキング

ランキングを見る